サウンドプログラマーとは何ぞ

サウンドプログラマー
DTM

サウンドプログラマー という職業があるらしい

作曲家/プログラマのスパ郎です。

先日Twitterを見ていると興味深いツイートが流れてきました。

音楽×プログラミングという私の興味分野にフィットしそうなサウンドプログラマー。

サウンドクリエイターみたいに曲を作るのか?
プログラマーだからプログラミングするのか?

言葉だけではどんな仕事内容なのか想像できないですよね。

そんなわけで、調べてみました。

作曲はしないけど音楽関係の仕事——サウンドプログラマー

「サウンドプログラマー」
名前にサウンドが付くんだから作曲するんじゃないの?
と思いきやそうではありません。

どうやらそれは、サウンドクリエイター仕事のらしくサウンドプログラマーの守備範囲外のよう。
サウンドプログラマーの主な仕事は、サウンドクリエイターの作った曲や効果音などをプログラミングを駆使して
違和感なく聴こえるようゲームに実装していくことことのようです。

でも音楽知識は大切

音楽関係というよりかはプログラミング系の仕事といったほうが良さそうなサウンドプログラマーですが、
音楽の知識は必要です。

むしろある一定の領域の音楽知識に関しては作曲家やサウンドデザイナーよりも必要とされるかもしれません。

曲を作るわけではないので、ち密なコード理論やスケールなどに関してはさほど詳しくなくても問題ないと思いますが、
コンピューター内の音の制御に関する知識(MIDIや音信号の処理)
音を聴いて違和感を感じる聴覚
は大切になってきます。

作曲するときとはまた違った観点の知識が必要になってきます。

さらにプログラミング技術も必要

ゲームに音楽や効果音を付けるにはプログラミングでソースコードを書いていかないといけません。
そのため当然ですがプログラミングができることが求められます。

ゲームプログラミングで使われているC/C++がメインになってくるっぽいです。
この辺りはVst開発ともつながりがありそうです。

最後に

ネットに転がっていた情報をざくっと簡単にまとめてみました。
ある程度深い音楽知識+プログラミング技術なので学習コストは高めで向き不向きが結構はっきり出そうな分野だと思いました。
(音を扱うプログラミングは自分の耳の感覚で、ここに違和感があるから修正しようと思えないとテストができないので。)

VRのゲームがこれから増えていくと思いますが、そこでの音楽演出に、より高度なサウンドプログラマーが必要とされるように
なるのではないかなと思っています。

ゲーム×音楽×プログラミング

この3つが好きな方は目指してみてもいいと思いました。
それでは。

参考サイト


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

浮遊感のあるメロディーの作り方
DTM
浮遊感のあるメロディーの作り方

作曲家のSparrow tuneです。 私は、ドリームポップの様な幻想的でふわふわした曲が好きです。 …

ローカル開発でPHPの更新が反映されない
PHP
ローカル開発でPHPの更新が反映されない

MAMPを使ってローカル開発環境を構築し、Wordpressのテーマを作ろうとしています。 HTML …

Youtubeに1週間毎日投稿
DTM
Youtubeに1週間毎日フリーBGM動画をアップしてみた

作曲家のSparrow tuneです。 タイトルの通り、この1週間毎日YoutubeにフリーBGMを …