作曲で行き詰る のはゴールがあいまいだから

作曲で行き詰る
DTM

作曲で行き詰る という試練

作曲で行き詰る DTMをしていて誰もがぶつかる壁だと思います。

現在、最低1日1曲+αを目標にしているのですが、絶賛この壁にぶつかっています。
これが産みの苦しみか。。。

現在企画の進捗は110曲の内21曲が完成という状態です。
つまりあと70日くらいで89曲作らないとこの企画を達成できないことになります。

今日は、苦しみながらなんとか50秒くらいの曲を今日は書きました。
ですが明日も、少なくとも1曲は書かないといけません。

ずっと頭を壁に打ち続けるのは嫌なので何とかしてこの状況を打開したいところです。

なので現状を整理して、何が原因でこの行き詰りが発生しているのかを見つめてみました。

現在の状況の整理

頭を壁にゴチゴチと打ち付ける音がこだまする私の自宅の作業デスクの様子を整理してみます。

・9/15から毎日1曲BGMを制作している。
・加えてアルバム用の歌ものを制作している
・さらにYoutubeにアップするようにネタ系の曲を制作(しようと)している。

昨日から行き詰りの壁とこんにちはしてしまったので、歌ものとネタ曲の制作に手が付けられていません。
精神的な焦りが出てきています。

行き詰るときは、楽しめなくなった時

”作曲で行き詰る” といってもどの段階で詰まるかは色々あると思います。
今私が悩んでいるのは、曲が8~16小節くらいできてそれを完成まで持っていけないことです。

なぜ完成まで持っていけないのか。

それは、自分の曲を聴いていてワクワクを感じられなくなってしまうからです。

曲を作るときほとんどの場合、
コード進行どうしよう?とか、
ベースラインが決まらない!とか、
かっけー音が作れねぇ!とか、
FINAL_MIX(6)とか、

苦しい思いをします。

ですが、苦しみと同時になんてすばらしい曲なんだ!と非常に楽しい心持ちで作業を続けている自分もいます。
このように楽しみで苦しみを中和できている状態であれば、最終的に気が付いたら完成していたという状態になるわけです。

楽しみが無いと曲を作るという精神的コストの高い作業は行えないという訳ですね。

人は報われない労働に耐えることができない

では、この楽しみを感じることができる時とできない時の差は何でしょうか。

振り返ってみると、曲を作る際の目的の明瞭度の差ではないかなと思いました。

例えば、先ほどお話ししたように現在、毎日のBGM素材の作成に加えてアルバム曲の制作に取り組んでいます。
BGM制作では行き詰りを感じている最中ですが不思議なことにアルバム曲の制作中は詰まっていると感じていないのです。

それもそのはずでアルバムには「自分のエゴを詰め込む」という目標を掲げています。
そりゃあ、袋詰めセールの名手のごとく、パンパンになるまでエゴを詰め込んでやるぞと言わんばかりに、せっせとエゴの詰め込みに余念がありません。とても楽しい。

BGM制作においてはどうやったらBGMとして使いやすい曲になるか、を考えるため100%自分の思うがままに作ることはありません。
自然と曲を作ることが目標になっていたアルバムの楽曲制作とは違い、素朴に曲を作るだけでは楽しみは生まれにくいです。
なので漠然と曲を作ることを目標にするのではなく、もっと具体的な目標を1曲ごとに掲げてやる必要があるみたいです。

例えば、今回は「料理している時に流れいそうな曲を作ろう」だとか「猫のかわいさを表現した曲を作ろう」だとか。
具体的な目標があれば、それに向かって

・どんなジャンルの曲に仕上げなければならないか
・コード進行のどこにアクセントを持ってこようか
・曲の構成はどうするのがベストか

といった具体的な形を考えることがあります。

曲が詰まるのは楽しめない時と先ほどから書いていますが、DTMにおいて”詰まる”というのは、
作業の手が止まってしまったときであり、つまりは曲のイメージが続かなくなった時といえるかもしれません。

頭の中での曲作りが上手くいかなくなると、DAW上の作業が進まないのかもしれないですね。

誰かのための曲作りと自分のための曲作りの違いを認識する

何の制約もなしに自分の好きな曲を書くこと(今回の場合で言うとアルバム制作)は仕事ではありません。
趣味です。

ですがBGM制作の場合は仕事です。作られた音楽の主体は私自身にはなく、依頼主や音源の利用者にあります。

同じ音楽を作るということで混同しがちなのですが、この認識が甘いことが現在私が苦しんでいる”壁”の原因なのだと思います。
特に現在は直接の依頼主のない配布素材制作なので強く意識しないと漫然と曲を作ってしまいがちです。

反省ができたことで明日からの戦いに備えて音楽でも聴きながらベッドに入りたいと思います。
明日は誰に向けた曲を作ろうかしら。

あ、最後にエゴ丸出しの曲を聴いてください!


11月17、18のAPOLLOでリリース予定のアルバムのデモです。
それでは!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spotifyを利用してみた
DTM
Spotifyを利用してみた

Contents1 Sotifyを使ってみようと思った理由2 早速シェア機能を使ってみた3 その他い …

jukedeckの使い方
DTM
jukedeckの使い方

Contents1 jukedeckを使って自動作曲2 今回できた曲がこちら3 作った曲を使うにはど …

自動作曲をアレンジ
DTM
自動作曲をアレンジしたい—必要な知識と技術

Contents1 自動作曲で作った曲がちょっとイメージとずれている時どうすれば?2 アレンジの大ま …