浮遊感のあるメロディーの作り方

浮遊感のあるメロディーの作り方
DTM

作曲家のSparrow tuneです。
私は、ドリームポップの様な幻想的でふわふわした曲が好きです。

なので、作曲している時もその影響で幻想的なふわふわしたメロディーラインを作ることがあります。
これまでは感覚で作っていたのですが再現性を高めるために言語化してその方法を残しておきたいな、
と思ったので記事にしておきます。

スケールの七度を半音下げる

スケールの七度を半音下げるといい感じに浮遊感が出ます。

CメジャーでやるとするとBをB♭の音に変えてあげてください。

この曲でいうと59秒あたりのシンセメロが該当します。
(動画はスケールから外れたと分かりやすい様に、48秒からスタートします。)

この曲はキーがFメジャーなので、EをE♭にしています。
矢印の部分が浮遊感の正体です。

メジャーな曲でいうと、進撃の巨人のEDでもこんな感じ7度半音下げメロディーが出てきます。
(13秒あたり)
イントロのストリングスが下がって地に足のつかないフワフワ感が出ています。

最後に

音楽で浮遊感を演出するには想定された響きを裏切ることが大切だと思います。
なのでスケール外の音を使うと効果的です。

和音で浮遊感を出すのよりも単音のメロディーでやると手軽にできるので、少しひねりを加えたいときに
取り入れて見るといいと思います。

それでは。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Youtubeに1週間毎日投稿
DTM
Youtubeに1週間毎日フリーBGM動画をアップしてみた

作曲家のSparrow tuneです。 タイトルの通り、この1週間毎日YoutubeにフリーBGMを …

Youtube contents ID に楽曲を登録したい
DTM
Youtube contents ID に楽曲を登録したい場合どうする?

Contents1 個人で行う音楽素材の配布でcontents IDは使えるのか?2 content …

Orb composerがセール中
DTM
orb composer が50%OFFー特徴やバージョン選びは?

Contents1 Orb composerがセール中2 Orb composer Sの特徴3 Ar …